仕事に服装なんて関係ない。スーツにこだわる必要もなし

数日前にツイッター内で回っていたニュース。

スーツでもスニーカーでいいじゃん!的なやつ。

 

これ見ていろいろ思ったことがあるので書きたい!!

と思ったので筆をとりました。いや、パソコンを開きました。

 そもそもスーツで通勤することに意味なんてある?

 

大前提として、そもそもなぜ通勤するのにスーツでなくてはいけないのか。

あの暑苦しい満員電車にスーツで乗車とか、修行でしかないですからね。

女性は会社に着いてから着替えたりするし、男性もスーツは会社に置いといて更衣室作ればいいじゃないか、と思うわけです。

なぜ会社に着く前にわざわざ嫌な思いをさせているのか、とても不思議に思います。

 

そのままお得意様のところに行く人などは除いて、全員私服で通勤おっけー!にすればいいのにね。

 

 スーツを着たくなかったので接客業を選んだわたし

 

わたしはというと、就活時点で「スーツ通勤は絶対しない」と心に決めていたので、自然と普通の企業の事務職とかは選択肢から消えました。

スーツが嫌だった理由は2つあるので紹介します。

 みんなスーツなんて個性がないしダサい

わたし、スーツの似合わない顔してるんですよね。アラサーを迎えた今でも学生だと間違われるくらい。

だからスーツは自他共に認める似合わなさだし、みーんなスーツ着てるのってダサくないですか。

個性がない。暑いし動きにくいだけなのによくみんな着てるなぁと思ってます。

 

 クリーニング必要だしコスパが悪い

スーツってちゃんと揃えようとしたらそれなりに値段しますよね。大事な日のために、1着はちょっと良いもの持っておきたいですし。

普段は量販店のスーツでいいとして、仮に1着5000円だとします。

毎日着るとなると、最低2着は必要ですよね。2着で1万円。

この1万円で私服何枚買えると思いますか?

わたしなんかはユニクロ、ジーユーなどのプチプラで揃えることが多いので、1万円あればTシャツ10枚買えちゃうんですよね。

コスパ最悪なうえにクリーニング代もかかるって、良いことない。

そう思っていたので、私服通勤できる会社を選びました。

まぁ、結果的に私服通勤とか関係なく嫌になって辞めちゃったのですが。

スーツが好きな人だけスーツを着ればいい

今回の結論はこれ。

スーツを着たい人は着ればいいし、嫌な人はラフな私服でええやん!

なぜスーツにそこまでこだわるのかは分からないけど、自分の好きな格好して働いているほうがストレスもたまらないし生産性上がるんじゃないですかね。

 

日本の企業の、こういう融通きかないとこ嫌いです。

毎日くたびれたスーツ着ててもかっこよくもない。見てるほうも楽しくない。

満員電車にいるスーツを着た疲れた顔の社会人たちほど、見たくないものはないですから。

 

だから、スニーカーだけじゃなくて全身ラフな格好でいいと思います。

スーツなら毎日洋服選ばなくていいから楽!っていう方は毎日スーツ着ればいい。

そう思いませんか。

 

日本はそろそろ海外を見習うべき!!

もうすこし、柔軟な考え方ができる企業が増えたらいいな、と願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。