「とりあえず3年」はもうやめよう。転職に年数なんて関係ない

tensyoku_3years

 

ブラック企業で3年働いたはなこ(@honhatomodachi)です。

転職を考えたときに、よく「今の会社を3年は続けたほうがいい」と言われる。

その理由は3年働けば転職に有利だから。

 

でも、それって本当に正しいのだろうか。

3年働けば、必ず今より良い会社に転職できるのか?

わたしはそうは思わない。

3年経たずに辞めても今より良くなるか悪くなるかは自分次第。

年数なんて全く関係ない。

 

「3年続けろ」という言葉に縛られている人には、ぜひ最後まで読んでほしい。

3年続けろ、はもう古いし3年という年数に意味はない

building

なぜ3年なのか。

疑問に思ったので考えてみたのだが、考えた結果、3年という年数に意味なんてない、という結論にたどり着いた。

働き方が多様化し、フリーランスになったり転職する人数も増えているなかで、3年という年数に意味を持たせようとすること自体が間違っている。

なぜなら、同じ会社で3年働いたところで得られる技術や知識に大差がないからだ。

ひと昔前はまだインターネットも普及しておらず、情報やノウハウを共有するには人から人へ、直接伝えるのが一番効率が良かった。

だから社内研修も頻繁におこない、みんなが同じ速度で進んでいくのが普通だった。

そのため3年働けば基礎知識や技術がまんべんなく習得できるため、3年という年数が重要であった。

 

しかし、現代はどうだろう。

技術の進歩でインターネットを通せば世界中から情報を集めることが可能となり、分からないことがあっても調べればたいていのことに答えをもらえる。

同じ3年を過ごしていても、自ら学んで実践している能動的な人と、ただ流れに身をまかせて教えてもらったことしかしない受動的な人とでは前者のほうがもちろんレベルが高くなる。

そんな時代になったのに3年続けることに意味はあるのか。いや、ないと断言しておく。

 

ブラック企業でも3年勤める?辞められない会社はそのうち滅びる

yametai

かくいうわたしも、3年勤めてから退職した。

3年勤めた理由はたったひとつ。

辞めさせてもらえなかったからだ。

辞めようと決めていた時期に、退職届が受理されなかった。

ただそれだけの理由で3年続けることとなった。

わたしは転職活動を全くしていないし、これからもする気はないのだが、3年勤めたことで何かプラスになることがあったか、と聞かれたら答えは「ノー」である。

プラスになるどころか、会社で消耗する時間が増えただけで何も得をしていない。

プラスになったことを強いて言うなら、今こうやってネタにできることくらいだ。

入社した企業がブラック企業であるなら、3年という年数は全く意味を持たない。

一刻も早く転職することをおすすめしたい。

3年もいたら、現状に諦めるしかなくなるからだ。

 

ブラックな環境に慣れることほど悲しいことはない。

世の中には自分が思っている以上に、今よりも良い会社がたくさんある。

だから、自分の勤めている会社がブラック企業であるなら今すぐ転職を考えてほしい。

辞めさせてくれない会社はみんな消えてしまえばいい。

というよりも、社員を大切にできない会社はほっておいても破綻するだろう。

 

転職を考えて、3年はがんばろうと思っている方へ

only

今勤めている会社を早く辞めたいけど、転職活動に有利になりそうだから3年はがんばろうと思っている方に聞きたい。

あなたは、3年続けていたからという理由で採用する会社に転職したいのですか?

3年勤めていないから、この人は使えない。そう思っている企業に転職したいのですか?

 

答えがイエスなら何も言わないからこの記事を読むのはやめて転職活動をがんばってください。

もし答えがノーなら、3年という年数に縛られる必要がないことに気付いてほしい。

1年働こうが、3年働こうが、本当に自分を必要にしてくれている企業なら採用してくれる。

逆に3年という年数を選考基準にしている会社は、自分から願い下げてほしいくらい考え方が古くて融通がきかない場所であるということだ。

日本には残念なことにそういった企業が多数存在する。

 

だれかが決めた年数なんて、世間の基準でしかない。

どうか「3年」に縛られずに、自由に自分の人生を決めてほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。