【写真スタジオ】七五三撮影におすすめの時期や混雑を避ける方法は?

753

 

木々が彩りはじめ秋が近づくと、神社やお寺でよく見かける着物姿の子供たち。

毎年11月15日は七五三の日。

子供の成長に感謝し、これからの健康や発展を願う大切な日です。

お参りに行く前に、写真スタジオで撮影しよう。

そう思って撮影の予約をするも、世の中のパパママも同じことを考えているので、11月の写真スタジオは混雑していて撮影だけでへとへとに・・・

大人でも疲れる混雑なのに、子供がぐずらないわけがありません。

 

今回は元大手写真スタジオ勤務のわたしが、なるべく混雑を避けてスムーズに撮影できる時期や時間帯についてご紹介します。

ぜひ今後の大手写真スタジオ利用時には参考にしてください!

 

まずは写真館の主な年間スケジュールを確認しよう

studio

七五三撮影におすすめの時期を紹介する前に、写真館での主な年間スケジュールをご紹介します。

1月  新春キャンペーン

2月  後半から桃の節句

3月  桃の節句、後半は卒園卒業と入園入学

4月  入園入学、後半から端午の節句

5月  端午の節句、七五三前撮りキャンペーン開始

6月  七五三前撮りキャンペーン

7月  七五三前撮りキャンペーン

8月  七五三前撮り、夏休みキャンペーン

9月  七五三撮影、お出かけ用レンタル開始

10月 七五三最盛期、年賀状撮影

11月 七五三最盛期年賀状撮影

12月 七五三後撮り、年賀状撮影駆け込み

だいたいこんな感じ。

七五三の前撮りキャンペーンは、だいたいどの写真スタジオでも5月から始まります。

なぜ5月という早い時期から前撮りキャンペーンが始まるのか

chitoseame

5月から始まるのには大きく2つの理由があります。

①10月、11月の混雑を少しでも解消するため

これが一番重要なのですが、10月11月の混み具合ははんぱじゃありません。

この時期に大手写真スタジオで撮影したことがある方はご存知かと思いますが、お店に着いた途端、

え、こんなに人いるの…?

とげんなりするくらい混んでいます。

待合スペースでは椅子の取り合いが繰り広げられ、子供たちが遊んで待つような場所もなく、帰る頃には親も子もくたくた…

少しでもその混雑を緩和するため、まだ秋どころか夏も来ていない5月から前撮りキャンペーンを始めています。

②日焼けする前に撮ってほしいため

2つ目の理由は、日焼けする前に撮影してほしいから。

夏になれば日に焼けて自然と黒くなってくる子供たち。

それはそれで可愛いですが、本来着物は色白の日本人に合わせて出来た文化です。

昔の人々がこぞって白塗りをしていたのも、着物文化だったから、という理由も少なからずあるようです(諸説あり)

着物には、日本人独特の黒い髪と白い肌がやはり一番似合います。

だから、本格的に日焼けする夏前にぜひ、写真におさめていただきたいです。

夏が終わってから、日焼けがおさまるのを待っているとあっという間に一番混む時期になってしまいますからね。

 

絶対に混雑を避けたい人におすすめの時期

gyouretsu

七五三の前撮り撮影で、絶対に混雑を避けたい人におすすめなのは、ずばり年明けすぐ。

年明けすぐはもっとも予約の少ない閑散期

1月、2月前半は閑散期で、売上も予約数も繁忙期の4分の1程度しかありません。

なぜ1月2月が空いているかというと、行事(イベント)がないからです。

12月で七五三シーズンもおわり、3月の桃の節句が始まるまでは、オフシーズンとなります。

七五三向けのキャンペーンなどはやっていない可能性が高いですが、1月2月だったら土日でも比較的スムーズに撮影できます。

できれば2月の前半までがおすすめ

ただし、2月後半になると桃の節句撮影の方で混雑してきます。

付け加えると、桃の初節句撮影は1年でもっとも泣く子が多く撮影に時間がかかることが多いです。

だいたい5~10ヶ月の子が多いのですが、この月齢だとかなりの確率で人見知りが始まっていて、ママから離れられないことがほとんど。

つまり桃の節句撮影の時期は

ママから離れられない→︎離すと泣く→︎ママが途中で抱っこする→︎撮影が進まない→ミルク休憩→︎眠くなる→︎また泣く

という負のループに陥りがちの時期だということ。

泣かれると通常の倍は撮影時間がかかります。

そういうわけで、おすすめは1月と2月前半ということになります。

1月2月前半に撮影が難しい場合、比較的空いている時期は?

woman

上で紹介した1月2月前半の時期に撮影することが難しい場合、おすすめなのは月の前半(1日~15日)の平日です。

月の後半、とくに最終週は平日も土日も混む傾向にあります。

その理由は、翌月からキャンペーンが切り替わることが多く、切り替わる前に撮影しようとする人が多いから。

月末近くになるとみなさん駆け込みで撮影に来ます。

わたしたちスタッフも月末は混むことは分かってるので、多めにスタッフを集めますが限度があります。

ですので、予約するなら月の前半が狙い目です。

ただし、11月だけはいつ来ても混んでいると思っておいてください。

11月15日が七五三の日ですからね。

その前後は混むに決まってます。

一番混むのはいつごろ?

gyouretsu

では、1番混むのはいつごろかといいますと、毎年の傾向ですと

・10月の最後の土日

・11月あたまの土日

が1年でもっとも予約数が多い日となっています。

この時期に「予約したいのですが」と問い合わせがあると「1年で1番混む日ですがいいですか?」と必ず確認するほどの混み具合。

前撮り撮影の予約も、お出かけレンタルの予約も、スタッフの数も売上もピークの1週間です。

2018年の混雑ピークの予想は、10月27日~11月4日の1週間。

とくに土日は人で溢れているかと思いますので、覚悟のうえお越しください。

 

空いている時間帯は何時ごろ?

woman

さて、ここまで紹介した内容をまとめますと、空いている時期は

・年明けすぐ~2月前半

・それ以外だと月の前半の平日

だということがわかりました。

では、空いている時間帯はあるのでしょうか。

朝一番の予約がもっともスムーズ

まず間違いなくスムーズに撮影できるのは朝一番の時間帯。

「朝一のお客さんは1分でも早くお会計までもっていく」

スタッフたちはそう思いながら朝の予約の方々を迎えます。

朝の撮影が詰まった日には、そのあと地獄を見ることがわかっていますので。

お昼をはさむ時間帯は比較的人気がない

つづいて狙い目なのはお昼をはさむ時間帯。

混んでいる日ですと、1回の撮影に3時間4時間かかることもあります。

そのため、子供だけでなく大人もお腹が空く時間帯である12時~13時の間は、少しだけ予約が入りにくい傾向にあります。

嵐の後の静けさが体験できるのは夕方17時ごろ

周りに人がいると集中して撮影できないし、混むのも嫌だ、という方におすすめなのは夕方17時ごろ。

だいたいの写真スタジオでは17時前後がその日の最終受付となっているため、あとから新しいお客さんが来ません。

そのため、自分たちより前にいるお客さんの撮影が終われば、あとは誰もいない環境で比較的ゆっくり撮影できます。

ただし、スタッフたちはその日1日地獄のような混雑をへて疲労困憊し、頭も口も回っていませんので、その点はご了承ください。

混んでいる時間帯は?

iraira

避けてほしい混んでいる時間帯もご紹介しておきます。

土日の混む時間帯は?

土日のもっとも混雑する時間帯は11時すぎと、13時から16時ごろです。

お昼頃に一度お客さんの波が去りますが、またお昼ごはんを食べたお客さんたちが午後からどっとやってきます。

ですので、できれば先ほど紹介した朝一かお昼、あるいは17時ごろの予約が無難です。

平日の混む時間は?

平日ですと、幼稚園や学校がおわる時間帯(15時過ぎ)に混むことが多いです。

とくに水曜日は職員会議などがあるため、授業がはやく終わることがあるようです。

 

その他、撮影の時期選びで気を付けたほうがいいこと

studio

その他に、撮影の時期を決めるのに気を付けたほうがいいことをまとめました。

7歳の七五三撮影は前歯なしが嫌ならその前に

7歳になればたいていの子が乳歯が抜けてきますよね。

実際、撮影していても前歯がない子もたくさん来ます。

わたしたちスタッフは歯抜けでもかわいい、と思っているのですが、親からすると

「歯抜けの写真は残したくない」

と考える人も多いようで、撮影時に

「歯は見せないで笑って」

と、子供に要求する方もいらっしゃいます。

でも、その要求をされた子はたいてい意識して口を閉じようとするので、不自然な笑顔になってしまいます。

口を開けずに笑うことは、お子様によっては少し難しかったりもしますので、歯抜け写真が嫌なら抜ける前に来てください。

大安の日に混むのは当たり前

お日柄の良い大安の日は撮影もお出かけも予約が多いのでかなり混みます。

お日柄にこだわりがないのであれば、大安の土日は避けましょう。

予約日で迷ったらスタッフに確認するのが吉◎

「土日に予約したいけど、どっちのほうが空いてるのかな?」

そう迷ったら、お店に電話をしてスタッフに確認してみてください。

わたしたちもなるべく空いている時間に予約を入れたいので、嘘はつかずに教えます。

混んでる時間帯にわざわざ予約を増やして、大変な思いをしたくはないですからね。

 

混雑を避けてぜひ楽しい時間を!

753

七五三撮影におすすめの時期や比較的混まない時間帯、注意点をご紹介しました。

最後にもう一度まとめておきます。

1年でもっとも空いているのは1月と2月前半

1番混むのは10月最終週から11月15日前後

比較的空いている時間帯は朝一、お昼、夕方17時ごろ

土日にもっとも混雑する時間帯は11時頃と13時から16時ごろ

平日の夕方は混む傾向がある

予約日時で迷ったらスタッフに相談を!

そういうわけで、できるかぎり混まない時期をねらって、スタッフに楽をさせて ゆっくり撮影を楽しんでくださいね。

その他、聞きたいことがあればいつでもご相談ください!

元大手写真スタジオ社員のはなこ( @honhatomodachi )がお送りしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。