わたしが読書好きな理由

 

「なんでそんなに読書好きなの?」

 

小学生の頃から読書が大好きなので、よくこんな質問をされます。

なぜかって?そりゃ決まってるじゃない。

〇〇だからだよ!!

 

と、声を大にして言いたいところですが、質問に答える前に、読書好きになって良かったと思うことをご紹介しておきます。

速読ができるようになった

 

まず一番実感しているのは、文章を読むスピードが人より格段速いこと。

平均値は分かりませんが、先日ご紹介した又吉さんの「火花」は1時間あれば読めました。
ハリーポッターも1冊3時間あれば余裕で読めます。

 

おそらく、小さい頃から読書をしているため文章を読むことに抵抗がないのと、目から入る情報を素早く処理できるから、ではないかな。

これは役に立つ武器になってます。
人より読むスピードが速い=その分他のことに時間が使える
ということなので。

 

たとえば、学生時代のテストでも問題文を読む時間を短縮できて問題に答える時間を増やせるし。

仕事でもマニュアルとか読むのはめちゃくちゃ速かったです。

なんでも読むくせがついた

 

いつだったかツイッターでも紹介しましたが、芦田愛菜ちゃんも読書が大好きだそう。

そんな彼女の悩みが「読むものがないと落ち着かない。ドレッシングのラベルとか読んじゃう」こと。

 

これを聞いて、わたしはすごく安心しました。
わたしも同じ悩みを持っていたからです。

本だけじゃなくて、電車のつり広告、食品のラベル、成分表、注意書き、新聞広告など。

 

なんでもいいから読むものがあると心が落ち着きます。
これ、わたしだけじゃないんだ!と思ってホッとしました。

そして中学生にしてその域に達している芦田愛菜ちゃんは本気で尊敬です。

 

このなんでも読んじゃうくせ、みなさんが見落としがちな注意書きとかもキャッチできるので、たまに役に立ちます。

待ち時間が苦痛じゃない

 

みなさんは待ち合わせに早く着いたとき、待ち合わせる相手が遅れてくるとき、どうやって時間をつぶしてますか?

 

おそらく、スマホをいじって待つ人が多いのではないでしょうか。

電池は減らしたくないけど、やることないしゲームしたりSNS見たりしますよね?

 

わたしはそれがほとんどなくなりました。
本を持っていればどこでも時間はつぶせます。カフェで読むこともあれば、駅のホームで読んでることも多々あります。

スマホいじって電池を消耗しているよりは楽しいです。あくまで個人の主観ですが。

 

なんなら、もう少し遅れてきてくれれば読み終わったのになぁ、と思ってしまうこともあります(ごめんなさい)

集中力がついた

 

小学生の頃から、本を読むために机に向かう習慣がついていたので、じっとしていることに抵抗がありません。

テスト勉強で机に向かうのも苦じゃなかったし、ひとつのことを続けてやることも得意。

 

目の前のものに集中する力は読書によって培われたのではないかと思っています。

その反面、読書してると集中しすぎて電車降り損ねたり、授業に遅刻したり、なんてこともありましたが。

 

あとは学校で読書をよくしていたので、多少まわりが騒がしくても集中できちゃいます。

逆に漫画を読むのが少し苦手

 

もしかしたらわたしだけかもしれませんが、漫画を読むのが少し苦手なんですよね。

漫画はおそらく「読む」より「見る」ものだと思うので、また別物かもしれませんが。

 

何が苦手かって、読むべき順番に文章が並んでいないことに違和感を感じてしまうんです。

セリフを全部を読もうとして、時間もかかってしまう…

 

誤解されないように補足すると、漫画自体は好きです。家に、ONE PIECE全巻そろってます。たまに読みます。

でもやっぱり、上に行ったり横に行ったり、コマが順番じゃないのでちょっと戸惑います。それが漫画だよ!と言われればそれまでですが…

結論。読書が好きなのは妄想できるから

 

さて、結論の時間です。

「なんでそんなに読書好きなの?」

 

わたしの答えはこうです。

「読書してると架空の世界に身を置けるし、妄想できるからだよ」

 

よく言えば「イマジネーションを鍛えられる」、悪く言えば「現実逃避」ですね。

本を読んでいる間だけは、誰にも邪魔されない世界に囲まれて、余計なことを何も考えずに架空の世界に没頭できる。

主人公に思い入れして、あたかも自分が主役かのように感情移入する。

 

こんな体験ってなかなかできません。

映画や漫画とちがい「絵」がないので、情景は自分で想像するしかない。

青い空、広い海。
それを自分の頭の中に描きながら読む。

想像することがすごく楽しいです。

 

だから、わたしは読書が好き。

 

別に頭良くなりそうだから、とかそんなこと1mmも思ってなくて、自分の妄想の世界に浸れるだけで幸せなのです。

 

みなさんも読書しましょう!
なんて言いません。気が向いたときに、現実からちょっと離れたくなったときに、ぜひ本を手に取ってみてください。

 

読書好きな仲間が増えたらとっても嬉しいです。

 

2 Comments

カーリー

なんだか、本の話になると、文章がぴょんぴょんして、楽しい✨✨
本は妄想に同意しました。

みなさま。色いろな想いでページをめくるのですね(#^.^#)

そろそろあれくるかな?
例のベストなんとか??笑

わたしが楽しみなやつ笑

はなこ

カーリー 様
きっと読書好きな思いが溢れちゃってるのでしょうね。笑
好きなことを話すと楽しくなります(^_^)
さて…ムチャぶり来ましたね…

受けて立ちましょう!(ちょっと繁忙期なので遅くなるかも、と先に言い訳しておきます)
テーマは何にしようかな~~

はなこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。