【体験談】ブラック企業に入社して学んだことを紹介するよ

black-company

 

社畜のみなさま、本日もお疲れ様です。

元社畜の、はなこ( @honhatomodachi )です。

 

さて、私事ですがこの4月で退職して1年が経ちました。

ありがたいことにあれだけ悪かった体調もすっかり良くなり、毎日8時間たっぷり寝ることで肌つやも良くなった気がします。

そこでわたしは声を大きくして言いたいと思います。

 

\\\ フリーランス最高 ///

 

 

会社員時代を思い返してみると、

「なんでこんな会社に入っちゃったんだろうか」

と嘆くことばかりで、良い思い出なんて数えるほどしかありません。

しかしながら一度ブラック企業を体験したからこそ、学んだこともありました。

今回はその学んだことをまとめてみようと思います。

どうぞ、ブラック企業こええぇ!と震えながらお読みください。

ブラック企業=宗教団体だということ

宗教団体のこわいところは、人のため・自分のためだと思ってやっていることが気付かぬうちに「主催団体のため」に置き換わっているところですよね。

「もっと幸せになりたい」

「多くの人を幸せにしたい」

そう思ってお金を使っていたはずなのに、いつの間にか教祖様に貢いでたりするんですよね。

cult

これ、ブラック企業も一緒だなぁと思ってました。

「お客様のために一生懸命がんばりましょう」が、いつの間にか「会社の利益のために身を尽くしてね」に変わってるんです。

「あなたのがんばりがお客様の笑顔に繋がる」なんて体(てい)の良いことを言っておきながら、結局上層部が考えているのは会社の利益のことばかり。

社員の幸せなんてどうでもいいんです。

 

そして社員も、長く勤めれば勤めるほど思考力が低下していき、

「これはお客様のためにやっているんだ、もっと頑張らなきゃ」

と洗脳されて会社の策略にはまっていくわけです。

悲しいことに、勤続年数が長い人ほどおかしいことをおかしいと思えない上に、会社から押しつけられる無理難題に何の疑問も持たずに取り組むようになってるんですよね。

 

つまり、ブラック企業にいると自分で考えることを放棄してしまう末路が待っている、ということ。

あー、こわいこわい。

この世には人の皮をかぶった無機質が存在すること

yami

わたしがこれまで26年生きてきて、こんなにも他人のことを考えない人が存在するんだなぁと感心する出来事がありました。

それは、わたしが気管支炎にかかり1週間ほど38度以上の熱が下がらなかったときのこと。

 

熱を出した日は朝から関節が痛くて熱っぽいし、しんどいなぁと思いながら働いていたのですが17時を回ったときに、身体が限界をむかえて文字通りぶっ倒れました。

周りのスタッフが心配してくれている中、マネージャーは何も言わず倒れたわたしの横を素通り。

なんなら「忙しいのに何倒れてんだよ」とでも言いたげな不機嫌な顔をしてました。

ぶっ倒れた翌日はもともとシフトの入っていない日だったのですが、その日にマネージャーからラインが来ました。

「明日は出勤できますか?」

「お大事に」とか「ゆっくり休んでいいよ」とか「無理させてごめんね」とかは一切なく、何なら絵文字もスタンプもなく、ただその一言だけ。

39度近い熱があったわたしは当然「明日も休みたいです」と返信しました。

 

その翌日。

またマネージャーからラインが。

「明日は出勤できますか?」

前日とまったく同じ文面で送られてきました。

 

結局熱が下がらないまま何度か出勤するも、マネージャーは一度も「熱大丈夫?」なんて聞かず

「明日は出勤できますか?」

という一言ラインが毎日のように来るのみ。

さすがに恐怖を感じました。

 

この人は「人の心」を持っていないんだろうな、そうか、人間じゃないんだと思うことでどうにか気持に折り合いをつけていました。

このマネージャーが原因で会社を辞める決意をしたのですが、それはまた別の話なので良かったらこちらも読んで下さい。

先が見えなくなったので、会社辞めてブログはじめました。

2017.07.27

このマネージャーと出会って学んだのは、世の中には他人なんてどうでもいい無機質な人間もいるということ。

マネージャーよ、教訓になってくれてどうもありがとう。

もう二度と会いたくないので、さっさとわたしの記憶から消えてくださいね。

 

休憩なし残業ありだけど稼働時間分の給料はもらえないこと

woman

ブラック企業と言えば安定の「残業代出ない」で有名ですよね。

わたしの勤めていた会社は、ある一定の残業時間を超えれば残業代が発生するというシステムでした。

残業代に関してははなから諦めていたのでいいのですが、それよりも休憩にいってないのに勝手に90分休憩の時間が毎日引かれていることに怒りを感じていました。

 

時給1000円だとしても、毎日1500円分の給料が勝手に引かれているということです。

休憩してないのに。

月換算だと1500円×30日で45000円分も損してるってことですよ。

休憩してないのに。

 

もちろん、毎日休憩が取れなかったわけではないですが、なぜ勝手に「休憩は取ったもの」とみなされているのか納得できませんでした。

そのうえ、上層部は「休憩にいけないのはあなたたちの努力が足りないからだ」とか言ってくるし。

 

一斉メールでこれが回ってきたときの私の気持、想像できますか?

woman

ブラック企業にお勤めのみなさん、休憩が取れないのは社員が悪いそうです。

残業代出ないのは当たり前だそうです。

woman

ブラック企業なんて滅びてしまえ・・・

お客様は神様って本当だった

woman
「お客様は神様」って本当だったのですね。

接客業でよく使われるフレーズですが

「いやいや、まさか神様なんてことはないでしょ(笑)」

と思ってたんですけどね。

いやはや事実だとは思いませんでしたよ。

 

お客様のためならお昼休憩なんていらないですよ。

残業だってしちゃいます。

だって神様ですから。

 

お客様からの一見理不尽かと思われる厳しい意見だって、大切なありがたい情報ですからね。

決してクレームだなんて思いませんよ。

わたしたち社員はお客様のために身体を壊してでも働き続けますから。

だって神様ですからね。

 

無駄な時間が多いこと

woman
最後なので真面目に語ります。

働いてて思ったのは、やたらと無駄な時間が多いこと。

たとえば朝の接客用語の唱和。

それから持っていった資料をただ読むだけの毎月の会議。

「何でも質問してください」と言われたのに、「この質問はダメだ」と何度も添削される社長への質問状作成。

 

これって全部無駄ですよね。

接客用語の唱和なんて、本人にしっかり接客しようという気持ちさえあれば必要ない。

持っていった資料を読み合わせる意味はどこにある?

分からないところはメールや電話で確かめてメールで共有すればいい。

添削されると分かっていながら書かされる嘘で固めた質問状。

 

なぜ、誰もやめようと言い出さないのでしょうか。

「毎年やっているから今年もやろう」

そんなことしか思っていないからこれだけの時間の無駄が発生するんですよね。

 

最初に述べましたが、勤続年数の長い人たちは本当に自分で考えることをしなくなっています。

少し考えれば「おかしい」と思えることについて考えようとしないから、いつまで経ってもブラック企業はブラックのまま。

「それっておかしいですよね」と声を上げれば「おかしいのはあんただ」と言われ、時代の流れに敏感な若い社員がどんどん辞めていき、結局洗脳されたベテラン社員しか残らなくなる。

ブラック企業がなくならない原因はここにあるのではないでしょうか。

(ちなみに質問状についてはこちらの記事にも書いてますのでどうぞ)

風倒しが良い社風って何?自由のなかった正社員時代を振り返る

2017.10.10

ブラック企業だと思ったら逃げるのが正解

わたしは運良く違和感に気付けたので、今はこうやって経験したこともネタにできています。

しかし中には、身体や心が壊れそうになっているにもかかわらず「これが普通なんだ」と思っている人もいることでしょう。

 

働いていて辛いのはあなたのせいですか?

それとも会社のせいですか?

もしも自分のせいではなく、会社のせいであるならば、どうか身体を壊す前に逃げてください。

わたしのように、何でもないときに涙が出るようになったらアウトです。

それほど辛い思いをしてまで会社に勤めることが正しいとは思いません。

 

辞めたい原因が会社にあるならば、それは逃げではなく自己防衛です。

ブラック企業に勤め続けるメリットなんてひとつもないですからね。

 

ブラック企業で学んだことを紹介しました

 

以上、3年間働いて学んだことを紹介しました。

今だからこうやって笑い話にできますが、当時は本当に辛かったです。

でもいま、こうしてブログ書いたり写真撮ったり、自分のペースで仕事ができるありがたみを感じることができるのは、会社勤めを経験したからだと思っています。

きっと、あの会社に入社しなかったらいまの自分の生活はなかっただろうから、その点は良かったかなと。

ただし、もう二度と経験したくない思い出です。

 

元社蓄のはなこがお送りした「ブラック企業で学んだこと」、楽しんでいただけましたでしょうか。

面白かったら遠慮せずにシェアなりなんなりしてくださいね!

シェアしてくれたら踊って喜びます。

そして今後、ブラック企業とよばれる会社がこの世からなくなることを心の底から祈りつつ、このへんで手を止めたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

2 Comments

てて

無駄な時間が多いっていうのすごくわかります!
昨年やって売上にそこまで繋がらなかった&とても手間がかかることを今年も他にアイディアがないからと続けるのが多いです(>_<)
組織だから従うしかないと上司に言われますが納得はいかないながら続けるしかないという状況。
私も自分の意思を持ってやっていかなければいけないなぁと思う今日この頃です。

はなこ

てて様
無駄な時間をつくるくせに、残業したら怒られるのが本当に納得できないですよね!笑
組織だから従う、という考え方ではもう生き残っていけない時代なんだと、早く経営者たちが気付いてくれることを祈ってます……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。