仕事を辞めるときに不安だった3つのこと

anxiety

 

こんにちは、はなこ (@honhatomodachi) です。

わたしは新卒で入った会社を3年で辞めて、今はカメラマンやwebライターの仕事をしてる25歳です。

退職するぞ!って、口で言うのは簡単なんですが、辞めたあとの不安とか、生活とか、どうしたらいいのかわからん!!って方けっこう多いと思うんですよね。

事実、わたしもめちゃくちゃ不安でした。

なにか取り立てて自慢できる特技があるわけでもないし、ましてや収入に繋がる技術を持っているわけではなかったので。

これからの生活がどうなるか分らない不安は今なおあります

でも、辞める前の不安と比べたらたいしたことありません。

辞める前が一番不安が大きいと思うので、今回はそんなみなさんに「会社を辞める前に不安だった3つのこと」を紹介しておきたいと思います!

【不安1】安定した収入がなくなること

 

きっと仕事を辞めたいけど辞められない人の大半が、収入がなくなることへの不安に駆られていることでしょう。

わたしもそうでした。

仕事を辞めれは自動的に収入もなくなるし、年金やら保険料やらも自分で管理して払わなきゃいけなくなる。

ちなみに補足しておくと、年金、保険料、その他税金で月4万円ほどは持って行かれます(日本は税金が高すぎる泣)

そんなこともあって果たして生活していけるのだろうかと不安でいっぱいでした。

少なくとも、今までみたいに趣味にお金を使うことは難しくなるだろうなぁと。

3年だけじゃ退職金もたいしたことないし…(ちなみに退職金は3万でした)

でも、今はなんだかんだ月13万円前後の収入があります。

実家暮らしなのもあるけど、余裕で生活できています。

もちろん、贅沢するほどの収入はありませんが。

【不安2】やりたいことで収入を得続けることができるか

 

わたし、とっても飽き性なんですよね。

なんだってすぐに飽きる。飽きるととことんやらなくなる。

だから、辞めてから他にやりはじめたことが続けられるか、またそれをやることで生活できる程度の収入が毎月手に入るかとても不安でした。

一度やってみたかったwebライターとカメラマン

大学時代の卒論を喜んでやっていたほど、文章書くのが好きなのでライターは一度経験してみたかったです。

あとカメラマンは数年前に一眼レフを買ってからずっと憧れでした。

結論言うと、ふたつとも今も続けられています

それに、先ほども述べたように生活できるレベルで収入は得られています。

今後の目標は不労所得を増やすこと。

月に数十万円、web媒体で安定して収入があればそれなりに安心して生活できると思うので。

【不安3】世間から軽蔑した目で見られないか

 

これも結構気にしましたね。

やると決めたらとことん突っ走るあたりで変なところ頑固だけど、人並みに周囲の目は気にするタイプなので…

25歳で辞めて、この先転職活動もしないっていうと大抵の人が驚くか、「こいつ本気かよ」って顔で軽く軽蔑するかって感じでした。

わたしだって思ってたよ、今辞めてこの先どうするのかって

辞めてもやり方次第で稼げるんだよ、正社員じゃなくても収入得られる方法なんてたくさんあるんだよ、っていう考え方を理解してくれる人のほうが少なかったです。

きっと今でも大半の人に「あいつ転職活動もしてないし大丈夫かよ」って思われてると思います。

周りの目なんて気にするな!と思っていても、理解者が少ないのはかなり辛かったなぁ。

 

そんな不安を乗り越えた方法

 

わたしがそんな不安を乗り越えて辞める決断ができたのは、数少ない理解者たちからの励ましの言葉と、同じように20代で仕事を辞めた方々のブログです。

同じ経験をした人の言葉は素直に聞ける

本当にそう思います。

そんな方々の思いや考え方を知って、わたしは一人じゃない、ここに共感者がいる!と、辞めるという選択に自信を持てました。

 

願わくば、このブログもそんな感じで誰かの役に立てればいいなと思っています。

退職に際して経験したこと、思ったことは惜しみなく伝えます。

たとえ理解者が少なくても。

やりたくないことに人生の時間を費やすのはもったいない。

これだけは自信を持って言えるので。

そして、周りに共感者がいない場合は、わたしが共感します。

なんて言うと上から目線だけど、わたしで良ければいつでもメッセージくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。